サイクリングとランニングとローイング

ツールド沖縄と菜の花マラソンとエルゴ大会に向けたトレーニングなど日々の記録

パンクの神さまと土砂降りライド

f:id:rowing884:20200628044054j:plainf:id:rowing884:20200628044206j:plainf:id:rowing884:20200628044145j:plain
土曜日の午前中はなんとか小雨ぐらいだとよんで6時前に出撃。吹上から南さつまでターンして、半島の山岳部分を縦断するコース。
家を出て1時間ほど走った吹上浜沿いでなんだか後輪がゴロゴロ。降りて触ると空気が抜けている、タイヤ全体を触るが何か刺さっている様子はなく、リム打ちか?
とりあえずホイールを外しチューブを交換、この後まだ100キロ近く走るのにスペア無しに不安を覚える。
南さつまに近づくころ雨が降り出す、しかもかなりの土砂降り。この後強弱を繰り返しながら振り続けた。
南さつまから川辺に向かい、そこから県道291号で松元に、ところがこの道が酷くて、ほそうはあちこちはがれ、一部砂利道になっていたりと車でも通りたくない道。そこに土砂降りで上り下りはまるで川のなかを走るようだった。
途中少しの止み間に道路を横断中の藻屑ガニに遭遇、しばらく眺めていたが威嚇されたので、先を急ぐ。あのまま道の真ん中にいたらクルマに轢かれるかもしれないので消える事にした。
雨はますます酷くなり、上りでは後輪がスリップすることもしばしば、トルクをあんまりかけず上る。
結局120キロほどを5時間かけて帰宅、自転車も身体もずぶ濡れ。ただし今日は通勤用のキャノンデールだったのが救い。