50代のデブがクライマーを目指す

50代のデブなオッさんが減らない体重と抑えられない食欲と闘うも負け続き

ヒルクライム通勤

4月に一回やった湯の平展望台まで上って、職場へ向かうやつ。登り6キロ標高450くらい。

本日は荷物が多くリュックが重い。(気がする)

フェリーを降り、カモフラージュのズボンとブレーカーを脱いでジャージにレーパン姿に。

山に目をやると灰が舞い上がり煙っている。

きっと登山道は灰が積もっているに違いない。

3キロくらいの平坦な道を250ワットくらいで進み、登り口に到着、250目処に踏んでいく。

途中工事車両に抜かれるたびに凄く灰が舞い上がり目が痛い。

登りはじめるとなんだか調子いい感じで300前後まで上がる。

ところが半分くらい過ぎたところでパワーがでなくなる。

結局前回より2分くらい遅れて頂上、次はペース守って見よう。

f:id:rowing884:20190516162745j:image